ダムの風景

アクセスカウンタ

zoom RSS 大井ダム その1

<<   作成日時 : 2005/02/20 01:17   >>

ナイス ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 0

大正13年に完成した日本初の発電用ダム。
日本の電力王・福沢桃介が手がけた日本初の50m級ダムで、大正期まで最も堤高が高かった。
大井ダムの完成により上流12kmにわたる人造湖ができ、観光名所の恵那峡を生み出す。



大井ダム
下流の東雲橋より撮影。台風通過後のため放流中であった。

大井ダム
右岸から放流を撮影。

大井ダム
天端の様子。右側はゲートの巻上機。

大井ダム
オベリスク風の照明台。大井ダムはデザイン面でも工夫されている。

大井ダム
左岸から天端を撮影。ゲートが対岸まで並んでいる。

大井ダム
下流の様子。対岸に見える建物が大井発電所と新大井発電所。

大井ダム
左岸から堤体とダム湖を望む。

大井ダム
ダム湖・恵那峡の風景。遊覧船で恵那峡巡りができる。

大井ダム
福沢諭吉の碑。石碑に刻まれている独立自尊は、福沢諭吉の座右の銘。
福沢諭吉は明治初期に水力発電による産業の興隆を提唱しており、養子の福沢桃介が
木曾川に日本初の発電用ダム・大井ダムとダム式発電所・大井発電所を建設した。



大井ダム
 形式:直線重力式コンクリートダム
 堤高:53.4m
 堤長:275.8m
 堤体積:153,000m3
 流域面積:2,083km2
 湛水面積:141ha
 総貯水量:29,400,000m3
 有効貯水量:9,250,000m3
 貯水池名:大井貯水池
 水系河川名:木曾川水系木曾川
 用途:発電
 着手年:1922年
 竣工年:1924年
 所在:岐阜県恵那市大井町字奥戸
 マップコード:178 212 357*17

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 3
ナイス ナイス
なるほど(納得、参考になった、ヘー)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
大井ダム その1 ダムの風景/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる