ダムの風景

アクセスカウンタ

zoom RSS 富永ダム

<<   作成日時 : 2005/07/31 22:09   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

奥矢作第一・第二発電所建設に従い作られた中部電力所有の発電専用ダム。
富永ダムのダム湖である富永調整池は、二段式揚水発電である奥矢作第一・第二発電所
の中池として、奥矢作第一・第二発電所の流量差を調整し、両発電所の連続運転を可能に
させる役割を持つ。



富永ダム
右岸下流から堤体を撮影。

富永ダム
ゲート設備は無く、非常用洪水吐は自然越流である。

富永ダム
堤体右岸側の様子。

富永ダム
右岸側にある富永ダム見張所。
普段は無人である。

富永ダム
天端の様子。
堤体が折れ曲がっている。

富永ダム
堤体直下の様子。
揚水発電専用の調整池のため、越流して水が流れることは無いようである。

富永ダム
下流の風景。

富永ダム
左岸から堤体と調整池を望む。
左岸側も堤体が折れ曲がっている。

富永ダム
ダム湖・富永調整池の風景。
富永調整池は掘削して作られた人工池である。
掘削土による山が近くにあるらしいがどれなのかわからなかった。

富永ダム
富永調整池の右岸コンクリート護岸部の下には奥矢作第一発電所の放流口がある。
奥に見えるのが奥矢作第一発電所の導水路サージタンクである。

富永ダム
富永調整池の左岸コンクリート護岸部の下には奥矢作第二発電所の取水口がある。
奥矢作第二発電所の最大取水量は、奥矢作第一発電所と同じ毎秒234.0m3である。

富永ダム
富永ダムと富永調整池の風景。
二段式揚水発電の中池であるため、水位の変動はほとんど無いようである。

富永ダム
堤体左岸側に設置されている慰霊碑。
奥矢作第一、第二発電所の建設工事で7名の殉職者が出たようである。



富永ダム
 形式:直線重力式コンクリートダム
 堤高:32.5m
 堤長:337.0m
 堤体積:91,000m3
 流域面積:8.1km2
 湛水面積:11ha
 総貯水量:1,051,000m3
 有効貯水量:998,000m3
 貯水池名:富永調整池
 水系河川名:矢作川水系黒田川
 用途:発電
 着手年:1973年
 竣工年:1980年
 所在:愛知県豊田市稲武町
 マップコード:281 715 521*41



富永ダム周辺の地図


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
富永ダム ダムの風景/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる