ダムの風景

アクセスカウンタ

zoom RSS 小里川ダム その1

<<   作成日時 : 2005/09/25 22:04   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 13 / トラックバック 0 / コメント 0

土岐川と小里川の合流点から8.3km上流に建設された多目的ダム。
洪水調節、河川維持、発電を主目的としている。
2004年に完成した新しいダムで、円柱を配置したデザインが特徴的である。



小里川ダム
下流から堤体を撮影。
円柱を配置したデザインとなっている。

小里川ダム
昭和期のダムとは違う、現代的なデザインである。

小里川ダム
右岸下流から堤体を撮影。
自然越流型の非常用洪水吐が並んでいる。

小里川ダム
右岸側の様子。
右岸側は駐車場、芝生広場、ベンチ等が整備されている。

小里川ダム
「小里川ダム」が彫られた親柱。
右岸、左岸に合計4本の親柱が建てられている。

小里川ダム
天端の様子。
車も通行可能である。

小里川ダム
左岸側は建設時のケーブルクレーン跡を利用した展望台がある。

小里川ダム
堤体下の様子。
天端からエレベータで降りて見学することが出来る。

小里川ダム
右岸上流から堤体を撮影。
洪水調整の目的もあるため、水位は比較的低い。

小里川ダム
こちらは2003年時に撮影した小里川ダム。
水位が高いのは試験湛水のためである。

小里川ダム
小里川ダムのダム湖・おりがわ湖の風景。

小里川ダム
小里川表層循環設備。
噴水によりアオコの発生を防止している。

小里川ダム
おりがわ湖の上流、猿爪川側の風景。
ダム湖に浮かぶ小島は猿爪川表層循環設備。
水中ミキサーで表層水をかきまわすことでアオコの発生を防止している。

小里川ダム
小里川ダム右岸側にある管理所。
1Fの小里川ダムふれあい館(展示館)ではパネル展示による小里川ダムの紹介やシアター
によるダム建設時の記録を見ることが出来る。



小里川ダム
 形式:直線重力式コンクリートダム
 堤高:114.0m
 堤長:331.3m
 堤体積:750,000m3
 流域面積:55km2
 湛水面積:55ha
 総貯水量:15,100,000m3
 有効貯水量:12,900,000m3
 貯水池名:おりがわ湖
 水系河川名:庄内川水系小里川
 用途:洪水調節・農地防災、不特定用水・河川維持用水、発電
 着手年:1979年
 竣工年:2004年
 所在:岐阜県瑞浪市陶町
 マップコード:98 291 020*48

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 13
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス ナイス ナイス
面白い 面白い
驚いた

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
小里川ダム その1 ダムの風景/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる