ダムの風景

アクセスカウンタ

zoom RSS 大井川ダム

<<   作成日時 : 2007/02/25 22:26   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

大井川水系大井川に作られた中部電力所有の発電専用ダム。
洪水吐としてローリングゲートを採用している珍しいダムである。
下流の大井川発電所で最大出力68,200kwの水力発電を行っている。



大井川ダム
下流から堤体を撮影。
大井川ダムはローリングゲートを3門備えている。

大井川ダム
ゲートの構成は、
幅18.182m×高さ7.567mの主ゲートが2門
幅 9.091m×高さ2.718mの副ゲートが1門
である。

大井川ダム
現在ではローリングゲートが採用されることは無いため、貴重なゲートである。

大井川ダム
下流の様子。
U字型に蛇行している。

大井川ダム
上流から堤体を撮影。
水の色が濁っているのは台風通過後に撮影したためである。

大井川ダム
大井川ダムの取水設備。
奥泉発電所の放流口と大井川発電所の取水口を兼用しているようである。

大井川ダム
反対側から見た取水ゲートの様子。

大井川ダム
正面に見える建物が奥泉発電所で、発電に利用した水が放流されている。
右側のゲートが先程の大井川ダムの取水ゲートである。
両者の水が合流して左側手前の大井川発電所の導水路へ流れ込んでいる。

大井川ダム
奥泉発電所。
主な取水源は奥泉ダムで、最大出力87,000kwの水力発電を行っている。

大井川ダム
奥泉発電所の水圧鉄管。
実際に触ることも可能である。

大井川ダム
奥泉発電所の開閉所。

大井川ダム
大井川ダムの管理所。
大井川鐵道の旧線路が通っている。

大井川ダム
ダム湖に架かる市代吊橋。
大井川ダムの建設に伴い、木材の流送を補償するために建設された鉄道用吊橋である。

大井川ダム
昭和29年に井川まで鉄道を延長する際にルートが変更となり、現在の道路橋となった。

大井川ダム
市代吊橋から眺めた大井川ダムのダム湖の風景。
右側に見える建物は大井川鐵道のアプトいちしろ駅である。



大井川ダム
 形式:直線重力式コンクリートダム
 堤高:33.5m
 堤長:65.8m
 堤体積:24,000m3
 流域面積:537.0km2
 湛水面積:13ha
 総貯水量:788,000m3
 有効貯水量:503,000m3
 貯水池名:大井川調整池
 水系河川名:大井川水系大井川
 用途:発電
 着手年:1934年
 竣工年:1936年
 所在:静岡県榛原郡川根本町奥泉
 マップコード:438 887 344*55




大井川ダム周辺の天気







大井川ダム周辺の地図



テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
大井川ダム ダムの風景/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる