ダムの風景

アクセスカウンタ

zoom RSS 畑薙第一ダム

<<   作成日時 : 2007/08/12 23:07   >>

驚いた ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

大井川水系大井川に作られた中部電力所有の発電専用ダム。
国内最大の中空重力式コンクリ−トダムで、世界でも最大級の規模である。
畑薙第一発電所で最大出力137,000kwの水力発電を行っている。



畑薙第一ダム
下流から堤体を撮影。

畑薙第一ダム
畑薙第一ダムは非常用洪水吐として4門のラジアルゲートを備えている。

畑薙第一ダム
下流には畑薙第一発電所の開閉所がある。
畑薙第一発電所は揚水発電で、上池が畑薙第一ダム、下池が畑薙第二ダムである。

畑薙第一ダム
右岸から堤体を撮影。
シンプルなデザインである。

畑薙第一ダム
右岸上流から堤体を撮影。

畑薙第一ダム
天端の様子。
非常に広い天端である。

畑薙第一ダム
下流の様子。
畑薙第一発電所は堤体内に設置されており、発電施設は導流部の先端部分にある。

畑薙第一ダム
畑薙第一発電所の放水口。
揚水発電のため、揚水時は取水口となる。

畑薙第一ダム
発電施設が設置されている導流部の先端部分が出っ張っている。
畑薙第一発電所では3基の立軸フランシス可逆ポンプ水車で発電を行っている。

畑薙第一ダム
左岸上流から堤体を撮影。

畑薙第一ダム
畑薙第一ダムの取水口は非常用洪水吐の下に設置されている。

畑薙第一ダム
畑薙第一ダムの非常用洪水吐であるラジアルゲート。
ゲートの大きさは高さ13.600m×幅7.500mである。

畑薙第一ダム
畑薙第一ダムは両岸ともケーブルクレーンの橋脚跡が残っている。

畑薙第一ダム
畑薙第一ダムの管理所。
普段は無人のようである。

畑薙第一ダム
畑薙第一ダムのダム湖・畑薙湖の風景。


畑薙第一ダム
正面に見える山が畑薙山。
畑薙第一ダムは南アルプスへの登山口になっており、多くの登山者が訪れる。



畑薙第一ダム
 形式:中空重力式コンクリート
 堤高:125.0m
 堤長:292.0m
 堤体積:598,000m3
 流域面積:318.0km2
 流域面積:251ha
 総貯水量:107,400,000m3
 有効貯水量:80,000,000m3
 貯水池名:畑薙湖
 水系河川名:大井川水系大井川
 用途:発電
 着手年:1957年
 竣工年:1962年
 所在:静岡県静岡市葵区大字田代字大草利1131-2
 マップコード:777 547 160*05




畑薙第一ダム周辺の天気







畑薙第一ダム周辺の地図



テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 2
驚いた
ナイス

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
畑薙第一ダム ダムの風景/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる