ダムの風景

アクセスカウンタ

zoom RSS 永平寺ダム

<<   作成日時 : 2008/08/03 11:54   >>

驚いた ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

永平寺川上流に作られた福井県所有の多目的ダム。
永平寺ダムの下流には曹洞宗の大本山である永平寺がある。



永平寺ダム
下流から堤体を撮影。
2001年完成とあってコンクリートがまだ新しい。

永平寺ダム
永平寺ダムは非常用洪水吐としてクレストによる自由越流が2門、常用洪水吐としてオリフィスによる
自然調節が1門設置されている。

永平寺ダム
堤体はシンプルであるが、洪水吐の部分は円柱を利用したデザインとなっている。

永平寺ダム
右岸側には河川維持と上水道用にφ300mとφ100mのジェットフローゲートを備えている。

永平寺ダム
右岸から堤体を撮影。

永平寺ダム
右岸側の階段は遊歩道として昇り降り可能となっている。

永平寺ダム
左岸上流から堤体を撮影。

永平寺ダム
上流側から見た洪水吐と取水設備の様子。

永平寺ダム
天端の様子。
徒歩による通行が可能。

永平寺ダム
下流の様子。
右岸側の細い道を進むと永平寺がある。

永平寺ダム
永平寺ダムのダム湖・大佛湖の風景。
小さなダム湖である。

永平寺ダム
大佛湖の名はダム湖の左岸上流にある大佛寺山が由来である。
永平寺は800年前、道元禅師により大佛寺山に大佛寺を建立したのが始まりである。

永平寺ダム
永平寺ダムの管理所。
左岸側にある。

永平寺ダム
曹洞宗大本山永平寺。
多くの参拝客、観光客で賑わっていた。

永平寺ダム
永平寺の仏殿。
拝観料が必要であるが、境内は見学可能。

永平寺ダム
永平寺の境内は広いので、全て見て周ると1時間ぐらいかかる。



永平寺ダム
 型式:直線重力式コンクリート
 堤高:55.0m
 堤長:177.0m
 堤体積:120,000m3
 流域面積:3.1km2
 湛水面積:4ha
 総貯水量:770,000m3
 有効貯水量:630,000m3
 貯水池名:大佛湖
 水系河川名:九頭竜川水系永平寺川
 用途:洪水調節・農地防災、不特定用水・河川維持用水、上水道用水
 着手年:1991年
 竣工年:2001年
 所在:福井県吉田郡永平寺町志比
 マップコード:63 478 418*25




永平寺ダム周辺の天気







永平寺ダム周辺の地図



テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
驚いた

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
永平寺ダム ダムの風景/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる