ダムの風景

アクセスカウンタ

zoom RSS 明治用水頭首工

<<   作成日時 : 2010/04/18 23:59   >>

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

矢作川水系矢作川下流に作られた明治用水の頭首工。
愛知県安城市、岡崎市、豊田市を中心に灌漑用水、上水道用水、工業用水を供給している。



明治用水頭首工
下流から堤体を撮影。

明治用水頭首工
明治用水頭首工には洪水吐として7門のローラーゲートを備えている。
ゲートの高さは2.8m程度である。

明治用水頭首工
明治用水頭首工の土砂吐ゲート。
右岸側の2門はフラップ付ローラゲートである。

明治用水頭首工
右岸から堤体を撮影。

明治用水頭首工
1門だけ洪水吐ゲートから放流していた。

明治用水頭首工
左岸から堤体を撮影。
春は桜で囲まれる。

明治用水頭首工
下流の様子。

明治用水頭首工
左岸上流から堤体を撮影。

明治用水頭首工
明治用水の取水口。

明治用水頭首工
取水口の隣に明治用水中央管理所がある。

明治用水頭首工
明治用水の沈砂池。
明治用水の完成により愛知県安城市を中心に約8000haの農地が開拓された。

明治用水頭首工
左岸側にある南部用水の取水口。
細川頭首工に送水される。

明治用水頭首工
明治用水頭首工の左岸魚道。
右岸側にも魚道がある。

明治用水頭首工
左岸魚道は毎年、矢作川の鮎遡上調査が行われるポイントである。

明治用水頭首工
天端の様子。
一方通行であるが車も通行可能である。

明治用水頭首工
下流の様子。
左に見える橋は伊勢湾岸自動車道である。

明治用水頭首工
明治用水頭首工のダム湖の風景。

明治用水頭首工
明治用水頭首工のすぐ上流には旧明治用水頭首工の遺構が残っている。
左岸側に残る旧明治用水頭首工跡。

明治用水頭首工
旧明治用水頭首工は近代的農業用堰堤の先駆けとして服部長七氏によって1909年に造られた。

明治用水頭首工
船通閘門跡。

明治用水頭首工
船通閘門の隣には排砂門跡が残っている。
旧明治用水頭首工は堤長116.36mのアーチ式堰堤で、中央部分には魚道も設置されていた。

明治用水頭首工
右岸側には導水路跡が残っている。

明治用水頭首工
旧明治用水頭首工は現在の頭首工が完成するまでの約50年間運用された。

明治用水頭首工
明治用水頭首工の右岸には水源公園と呼ばれる公園がある。

明治用水頭首工
愛知県では桜で有名な公園である。

明治用水頭首工
水源公園の桜並木の様子。

明治用水頭首工
豊田市の市街地にあるため、お花見に訪れる人が多い。



明治用水頭首工
 型式:可動堰
 堤高:不明
 堤長:167.3m
 堤体積:不明
 流域面積:不明
 湛水面積:不明
 総貯水量:不明
 有効貯水量:不明
 貯水池名:-
 水系河川名:矢作川水系矢作川
 用途:灌漑用水、上水道用水、工業用水
 着手年:1950年
 竣工年:1951年
 所在:愛知県豊田市水源町
 マップコード:30 171 141*77




明治用水頭首工周辺の天気







明治用水頭首工周辺の地図



テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
ナイス

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
明治用水頭首工 ダムの風景/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる