ダムの風景

アクセスカウンタ

zoom RSS 宇曽川ダム

<<   作成日時 : 2010/12/05 23:41   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

淀川水系宇曽川上流にある滋賀県所有の治水ダム。
ダム湖上流には宇曽川渓谷と国の登録有形文化財である宇曽川流路工がある。



宇曽川ダム
右岸下流から堤体を撮影。

宇曽川ダム
宇曽川ダムは天端に展望台があるユニークなダムである。

宇曽川ダム
左岸下流から堤体を撮影。

宇曽川ダム
左岸側にはリフトが設置されている。

宇曽川ダム
左岸上流から堤体を撮影。
非常用洪水吐はコの字型の変わった形状をしている。

宇曽川ダム
非常用洪水吐の様子。

宇曽川ダム
非常用洪水吐の下流側の様子。

宇曽川ダム
天端の様子。
自動車は通行できない。

宇曽川ダム
天端中央付近にある展望台。
湖東三山(西明寺、金剛輪寺、百済寺)を意識したデザインになっている。

宇曽川ダム
下流の様子。
公園が整備されている。

宇曽川ダム
下流の公園から堤体を撮影。

宇曽川ダム
下流から見た非常用洪水吐の様子。

宇曽川ダム
非常用洪水吐の横にある階段で天端まで登ることができる。

宇曽川ダム
この角度から眺めると巨大な山城に見える。

宇曽川ダム
展望台はこのように迫り出している。

宇曽川ダム
宇曽川ダムのダム湖の風景。
洪水調整が目的のため、水位は低め。

宇曽川ダム
ダム湖右岸には原石山がある。

宇曽川ダム
宇曽川ダムの取水設備。
取水塔の上部は改装工事中であった。

宇曽川ダム
宇曽川ダムの管理所。

宇曽川ダム
宇曽川ダムのダム湖上流には宇曽川渓谷がある。

宇曽川ダム
宇曽川渓谷入口には山比古湧水と呼ばれる湧水がある。
平成の名水百選の一つで、ポリ容器で大量の水を汲んでいる人がいた。

宇曽川ダム
比較的大型の砂防ダムが設置されており、下流は親水公園として整備されている。

宇曽川ダム
砂防ダムの様子。
宇曽川上流とあって水は綺麗である。

宇曽川ダム
砂防ダムの下流の様子。

宇曽川ダム
砂防ダムの上流の様子。
この先にいくつもの砂防ダムが設置されている。

宇曽川ダム
宇曽川渓谷の石碑から500m程度上流に宇曽川流路工がある。
宇曽川流路工の全長は約135mあり、枝水路を含めると総延長は196mである。

宇曽川ダム
明治44年から大正元年にかけて施行された水路張石工で、保存状態が良いことから
国の登録有形文化財に指定されている。



宇曽川ダム
 型式:中央土質遮水壁型ロックフィルダム
 堤高:56.0m
 堤長:192.8m
 堤体積:980,000m3
 流域面積:7.8km2
 湛水面積:17ha
 総貯水量:2,900,000m3
 有効貯水量:2,600,000m3
 貯水池名:
 水系河川名:淀川水系宇曽川
 用途:洪水調節・農地防災、不特定用水・河川維持用水
 着手年:1971年
 竣工年:1979年
 所在:滋賀県東近江市平柳町字僧坊
 マップコード:566 845 127*55




宇曽川ダム周辺の地図



テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 2
なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
宇曽川ダム ダムの風景/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる