丸山ダム その6

今回も丸山ダム下流にある旧八百津発電所資料館を紹介。
旧八百津発電所は本館建物以外にも放流口発電所、水槽、余水路等が現存しており、
何れも国の重要文化財に指定されている。



旧八百津発電所資料館
旧八百津発電所の本館建物。
本館建物は、発電機のある棟(手前)と送電施設の棟(奥)が一体となっている。

旧八百津発電所資料館
稼動していた頃の旧八百津発電所の全容図。
完成当時は日本で3番目の大規模発電所であった。

旧八百津発電所資料館
旧八百津発電所の放水口。
放水口は木曽川洪水時の水位上昇を考慮して、河水面から約7m高い位置に取り付けられた。

旧八百津発電所資料館
八百津発電所の大きな特徴となっている放水口発電所 。
放水口発電所は八百津発電所の放水落差を利用した発電所で、1917年に建設された。

旧八百津発電所資料館
放水口発電所の開放型横軸二輪単流フランシス水車。
放水口発電所はフランシス水車を発電機の左右に8台つなげた連成水車を採用した。

旧八百津発電所資料館
旧八百津発電所の水圧管路跡。
水圧管は撤去されており、跡だけが残る。

旧八百津発電所資料館
旧八百津発電所の水槽・余水路も現存している。

旧八百津発電所資料館
旧八百津発電所の余水路。
余水路は水槽から木曾川まで約270m続いている。

旧八百津発電所資料館
旧八百津発電所の水槽。
長さ約73m、幅約36mのレンガ・コンクリート造りとなっている。

旧八百津発電所資料館
水槽・余水路も2005年に国の重要文化財に追加指定された。



旧八百津発電所資料館
 開館時間:午前9時00分~午後4時
 休館日:毎週月曜日(月曜日が祝日のときはその翌日)、年末年始
 入館料:大人(高校生以上)320円、小人(小中学生)110円
 所在:岐阜県加茂郡八百津町八百津1770-1
 電話:0574-43-3687
 マップコード:98 784 292*55

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 5

驚いた 驚いた
面白い
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック