池原ダム その2

池原ダムの洪水吐は堤体から800m程上流に設置されている。
洪水吐の下流には池原発電所があり、上池の池原ダムと下池の七色ダムを利用して揚水発電
を行っている。



池原ダム
池原ダムの非常用洪水吐。

池原ダム
非常用洪水吐に架かる連絡橋・ウノス橋。
ウノス橋も国道425号線の一部である。

池原ダム
下流の様子。
池原発電所がある。

池原ダム
池原発電所の開閉所と放水口。
発電所は地下式で、4基の立軸フランシスポンプ水車により発電を行っている。

池原ダム
下流は七色ダムのダム湖である。

池原ダム
池原ダムの取水設備。
最大で毎秒342.0m3の水を取水している。

池原ダム
4つある取水塔の中で3号ゲートと4号ゲートが表面取水式である。

池原ダム
取水塔への連絡橋の様子。
ゲート巻上機が設置されている。

池原ダム
池原ダムの天端から非常用洪水吐と取水設備を撮影。

池原ダム
非常用洪水吐は4門のローラゲートを備えている。
ゲートの大きさは高さ16.824m×幅15.0mである。

池原ダム
取水設備の様子。
取水塔が4つもあるのは非常に珍しい。

池原ダム
表面取水設備は濁水対策として平成3年に設置されたものである。



池原ダム
 型式:ドーム型アーチ式コンクリートダム
 堤高:111.0m
 堤長:460.0m
 堤体積:647,000m3
 流域面積:300.0km2
 湛水面積:843ha
 総貯水量:338,400,000m3
 有効貯水量:220,100,000,000m3
 貯水池名:池原湖(池原貯水池)
 水系河川名:新宮川水系北山川
 用途:発電
 着手年:1962年
 竣工年:1964年
 所在:奈良県吉野郡下北山村上池
 マップコード:542 461 205*05




池原ダム周辺の天気







池原発電所周辺の地図



ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック