テーマ:中空重力式コンクリートダム

高根第二ダム

木曽川水系飛騨川に作られた中部電力所有の発電専用ダム。 高根第二発電所で最大出力25,100kWの水力発電を行っている。 下流から堤体を撮影。 高根第二ダムは非常用洪水吐として2門のラジアルゲートを備えている。 また、減勢工にはスキ-ジャンプ式を採用している。 高根第二ダムの副ダムを上流側から撮影。…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

畑薙第一ダム

大井川水系大井川に作られた中部電力所有の発電専用ダム。 国内最大の中空重力式コンクリ-トダムで、世界でも最大級の規模である。 畑薙第一発電所で最大出力137,000kwの水力発電を行っている。 下流から堤体を撮影。 畑薙第一ダムは非常用洪水吐として4門のラジアルゲートを備えている。 下流には畑薙第一…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

畑薙第二ダム

大井川水系大井川に作られた中部電力所有の発電専用ダム。 下流の畑薙第二発電所で最大出力85,000kwの水力発電を行っている。 また、河川維持用水を利用して東河内発電所で最大出力150kwの水力発電も行っている。 右岸上流から堤体を撮影。 畑薙第二ダムは非常用洪水吐として3門のラジアルゲートを備えている。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

井川ダム その5

井川ダム右岸にある井川展示館を紹介。 井川展示館では大井川と水力発電、井川ダムを紹介している。 井川展示館の外観。 ケーブルクレーンのコンクリート橋脚を利用して作られている。 井川展示館へはこの歩道橋を使って行く。 井川展示館の入り口。 入館は無料である。 1Fロビー。 橋脚を利用して…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

井川ダム その4

井川ダムには別名があり、井川五郎ダムとも呼ばれている。 井川ダム建設当時、中部電力初代社長であった井上五郎の名前を取って名付けられた。 右岸側壁面に「井川五郎ダム」と記されている。 その隣には井川ダムの管理所がある。 上部にはケーブルクレーン跡を利用した展望台があるが、現在は利用できなようである。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

井川ダム その3

井川ダムの左岸下流には井川発電所がある。 井川発電所では最大出力62,000kwの水力発電を行っている。 左岸下流から堤体を撮影。 左からエレベータ塔、ラジアルゲート×3門、貨物用エレベータ塔、取水塔である。 堤体内部を通って、この出入口から左岸下流に出てきた。 取水口から井川発電所までは2…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

井川ダム その2

井川ダムは中空重力式コンクリ-トダムで、堤体内部は空洞構造になっている。 ダム内部を見学するなら、中空重力式コンクリ-トダムがお勧めである。 堤体の中には天端に設置されているこのエレベータで降りる。 井川ダムの断面図。 中空重力式の利点は内部を空洞にすることでコンクリートを節約することにある。 内部の温度は…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

井川ダム その1

大井川水系大井川に作られた中部電力所有の発電専用ダム。 国内初の中空重力式コンクリ-トダムで、堤体内部は空洞構造になっている。 右岸下流から堤体を撮影。 井川ダムは非常用洪水吐として3門のラジアルゲートを備えている。 ゲートの大きさは高さ12.600m×幅11.000mである。 右岸上流から堤体を撮…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

横山ダム

木曾川水系揖斐川に作られた多目的ダム。 揖斐川の洪水調節、大垣市をはじめとする西濃地方への灌漑用水の供給に使われている。 また、ダム直下の横山発電所では最大出力70,000kwの水力発電を行っている。 左岸下流から堤体を撮影。 横山ダムは非常用洪水吐として2門のラジアルゲートを備えている。 横山ダム…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more