テーマ:福井県のダム

総ヶ谷ダム

福井県越前市にある潅漑用水専用のダム。 山間部の農村地帯に灌漑用水を供給している。 下流から堤体を撮影。 堤体周辺には電気柵が張られていた。 非常用洪水吐の様子。 ダム湖側の様子。 潅漑用水専用のため、小型の洪水吐である。 左岸下流から堤体を撮影。 天端の様子。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

九頭竜川鳴鹿大堰

九頭竜川最下流に作られた国土交通省近畿地方整備局所有の大型の可動堰。 福井市を中心に九頭竜川下流域の灌漑用水、上水道用水の供給を行っている。 左岸下流から堤体を撮影。 九頭竜川鳴鹿大堰は中央に主ゲート4門、左右両端に土砂吐ゲート2門を備えている。 堤体は「鳴鹿の舟橋」をイメージしたデザインとなっている…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

龍ヶ鼻ダム

九頭竜川水系竹田川上流に作られた福井県所有の多目的ダム。 竹田川流域の洪水調節、河川維持と坂井市への上水道用水の供給を行っている。 また、ダム直下の山口発電所で最大出力 1,900kWの水力発電も行っている。 下流から堤体を撮影。 龍ヶ鼻ダムは常用洪水吐として高圧ラジアルゲートを1門備えている。 また、左岸…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

浄土寺川ダム 貯砂ダム

浄土寺川ダムの上流にある貯砂ダム。 堤高22.0mの大型の貯砂ダムで、大掛かりな魚道も設置されている。 湖面の水位が一定である特性を生かし、レクリエーション湖面としての役割を持つ。 右岸下流から堤体を撮影。 貯砂ダムも浄土寺川ダム本堤と同様にシビックデザインを導入している。 左岸上流から堤体を撮影。 洪水…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

浄土寺川ダム

九頭竜川水系浄土寺川上流に作られた福井県所有の多目的ダム。 浄土寺川流域の洪水調節、河川維持、上水道用水の供給以外に消流雪用水の供給も行っている。 2008年に竣工したダムで、計画・設計にはシビックデザインを導入している。 右岸下流から堤体を撮影。 等間隔に配置された縦溝により、何本もの水が流れているような印象を受け…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

永平寺ダム

永平寺川上流に作られた福井県所有の多目的ダム。 永平寺ダムの下流には曹洞宗の大本山である永平寺がある。 下流から堤体を撮影。 2001年完成とあってコンクリートがまだ新しい。 永平寺ダムは非常用洪水吐としてクレストによる自由越流が2門、常用洪水吐としてオリフィスによる 自然調節が1門設置されている。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

笹生川ダム

真名川ダムの上流・笹生川に作られた福井県所有の多目的ダム。 後付けで追加されたトンネル式の洪水吐が特徴のダムである。 右岸下流から堤体を撮影。 導流壁がコンパクトなため、すらりとした印象である。 笹生川ダムは非常用洪水吐として3門のローラーゲートを備えている。 コンジットゲートから河川維持放流を行っ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

雲川ダム

真名川ダムの上流・雲川に作られた福井県所有のダム。 発電が目的であるが砂防の役割も持ち、堆砂はかなり進んでいる。 下流から堤体を撮影。 5月に訪れたので新緑が眩しい。 非常用洪水吐は自然越流型である。 春先や増水時はよく放流している。 右岸にはスキージャンプ式のローラゲートを備えている。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

真名川ダム

真名川上流に作られた国土交通省近畿地方整備局所有の多目的ダム。 昭和40年9月の奥越豪雨を契機に建設されたダムで洪水調節を主目的としている。 下流から堤体を撮影。 5月に訪れたので新緑が眩しい。 下流では河川維持用水として噴水式の放流を行っている。 真名川ダムは青蓮寺ダムと同じ非対称放物線不等厚アー…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

石徹白ダム

九頭竜川水系石徹白川に作られた電源開発所有の発電専用ダム。 石徹白川で取水した水を九頭竜ダムに送水する役割を持つ。 下流から堤体を撮影。 ダムの型式は鷲ダムと同じアーチ重力式である。 左岸側のゲートから河川維持放流を行っていた。 水没しているが、副ダムらしき構造物が確認できる。 左岸側には仮排水ト…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

九頭竜ダム その2

九頭竜ダムの直下には長野発電所があり、上池の九頭竜ダムと下池の鷲ダムを利用して最大出力 220,000kWの揚水発電を行っている。九頭竜ダムのダム湖・九頭竜湖には瀬戸大橋のテストケース として作られた箱ヶ瀬橋や、キャンプ場、ドライブイン等がある。 九頭竜ダムの左岸下流に長野発電所がある。 長野発電所の開閉所。…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

九頭竜ダム その1

九頭竜川の最上流に作られた洪水調整、発電を目的としたダム。 九頭竜川水系最大のダムで、国土交通省近畿地方整備局と電源開発が共同管理を行っている。 下流から堤体を撮影。 黒色のロックフィルダムである。 九頭竜ダムは非常用洪水吐として3門のラジアルゲートを備えている。 右岸から堤体を撮影。 九…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

鷲ダム

九頭竜川上流に作られた電源開発所有の発電専用ダム。 ダムの型式はアーチ重力式で、珍しいタイプのダムである。 上流の長野発電所で揚水発電を行っており、下池が鷲ダムである。 右岸から堤体を撮影。 天端に構造物が無いため、シンプルな印象を受けるダムである。 鷲ダムは非常用洪水吐として5門のラジアルゲートを備えてい…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

山原ダム

九頭竜川水系石徹白川に作られた電源開発所有の発電専用ダム。 下流の湯上発電所で最大出力54,000kWの水力発電を行っている。 下流から堤体を撮影。 取水を目的とした小型のダムである。 左岸側から鷲ダムから取水した水が流入し、石徹白川の水と共に右岸側の取水口から 湯上発電所に送水されている。 自然…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

仏原ダム

九頭竜川水系九頭竜川に作られた北陸電力所有の発電専用ダム。 下流の西勝原第三発電所で最大出力48,000kWの水力発電を行っている。 左岸から堤体を撮影。 仏原ダムは非常用洪水吐として3門のラジアルゲートを備えている。 左岸側に河川維持用の放流口がある。 天端の様子。 天端周辺は立入禁止で…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

武周湖ダム

武周ヶ池は天正18(1590)年、天賀峯の崩壊による山津波により大味川の武周谷を堰き止めて 出来たと伝えられている周囲4kmの細長い池。 その後、武周湖ダムとしてアースダムを築堤し、水路式水力発電の調整池として利用している。 武周ヶ池は神秘的な雰囲気が漂う緑豊かなところで、周辺は越前自然歩道が整備されている。 下流よ…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more