テーマ:静岡県のダム

太田川ダム

太田川に作られた静岡県所有の多目的ダム。 太田川流域の洪水調節、河川維持及び静岡県遠州地域への上水道用水の供給を行っている。 右岸下流から堤体を撮影。 太田川ダムは非常用洪水吐としてクレストによる自由越流が5門、常用洪水吐としてオリフィスによる 自然調節が1門設置されている。 堤体を横から見ると緩や…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

都田川ダム その2

都田川ダムのダム湖周辺の施設を紹介する。 都田川ダムのダム湖・いなさ湖の両岸には親水公園が整備されている。 いなさ湖右岸にある親水公園。 親水遊水階段と呼ばれる階段が設置されている。 親水遊水階段からの眺め。 水上デッキも設置されている。 親水公園のため、水辺まで近づくことができる。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

都田川ダム その1

都田川に作られた静岡県所有の多目的ダム。 都田川流域の洪水調節と浜名湖北部の灌漑用水及び上水道用水の供給を行っている。 左岸下流から堤体を撮影。 左岸上流から堤体を撮影。 右岸上流から堤体を撮影。 右岸側に洪水吐と取水設備がある。 都田川ダムの取水設備の様子。 都田川ダム…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

水窪ダム

天竜川水系水窪川に作られた電源開発所有の発電専用ダム。 下流の水窪発電所で最大出力50,000kWの水力発電を行っている。 下流から堤体を撮影。 山間に溶け込んだ堤体である。 左岸から堤体を撮影。 右岸から堤体を撮影。 リップラップには適度に草が生えており、周囲溶け込んで見える。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

塩郷ダム

大井川水系大井川に作られた中部電力所有の発電用取水ダム。 堤高が15m未満のため堰扱いである。 下流から堤体を撮影。 塩郷ダムは非常用洪水吐として6門のローラーゲートを備えている。 ゲートの大きさは高さ3.500m×幅17.500mである。 左岸側のは排砂ゲートとして2門のローラーゲートを備えている…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

境川ダム(静岡県)

大井川水系境川に作られた中部電力所有の発電専用ダム。 下流の久野脇発電所で最大出力32,000kWの水力発電を行っている。 下流から堤体を撮影。 境川ダムは非常用洪水吐として2門のローラーゲートを備えている。 左岸側ゲートの放流は河川維持が目的のようである。 左岸から堤体を撮影。 天端の様…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

畑薙第一ダム

大井川水系大井川に作られた中部電力所有の発電専用ダム。 国内最大の中空重力式コンクリ-トダムで、世界でも最大級の規模である。 畑薙第一発電所で最大出力137,000kwの水力発電を行っている。 下流から堤体を撮影。 畑薙第一ダムは非常用洪水吐として4門のラジアルゲートを備えている。 下流には畑薙第一…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

畑薙第二ダム

大井川水系大井川に作られた中部電力所有の発電専用ダム。 下流の畑薙第二発電所で最大出力85,000kwの水力発電を行っている。 また、河川維持用水を利用して東河内発電所で最大出力150kwの水力発電も行っている。 右岸上流から堤体を撮影。 畑薙第二ダムは非常用洪水吐として3門のラジアルゲートを備えている。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

井川ダム その5

井川ダム右岸にある井川展示館を紹介。 井川展示館では大井川と水力発電、井川ダムを紹介している。 井川展示館の外観。 ケーブルクレーンのコンクリート橋脚を利用して作られている。 井川展示館へはこの歩道橋を使って行く。 井川展示館の入り口。 入館は無料である。 1Fロビー。 橋脚を利用して…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

井川ダム その4

井川ダムには別名があり、井川五郎ダムとも呼ばれている。 井川ダム建設当時、中部電力初代社長であった井上五郎の名前を取って名付けられた。 右岸側壁面に「井川五郎ダム」と記されている。 その隣には井川ダムの管理所がある。 上部にはケーブルクレーン跡を利用した展望台があるが、現在は利用できなようである。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

井川ダム その3

井川ダムの左岸下流には井川発電所がある。 井川発電所では最大出力62,000kwの水力発電を行っている。 左岸下流から堤体を撮影。 左からエレベータ塔、ラジアルゲート×3門、貨物用エレベータ塔、取水塔である。 堤体内部を通って、この出入口から左岸下流に出てきた。 取水口から井川発電所までは2…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

井川ダム その2

井川ダムは中空重力式コンクリ-トダムで、堤体内部は空洞構造になっている。 ダム内部を見学するなら、中空重力式コンクリ-トダムがお勧めである。 堤体の中には天端に設置されているこのエレベータで降りる。 井川ダムの断面図。 中空重力式の利点は内部を空洞にすることでコンクリートを節約することにある。 内部の温度は…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

井川ダム その1

大井川水系大井川に作られた中部電力所有の発電専用ダム。 国内初の中空重力式コンクリ-トダムで、堤体内部は空洞構造になっている。 右岸下流から堤体を撮影。 井川ダムは非常用洪水吐として3門のラジアルゲートを備えている。 ゲートの大きさは高さ12.600m×幅11.000mである。 右岸上流から堤体を撮…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

奥泉ダム

大井川水系大井川に作られた中部電力所有の発電専用ダム。 下流の奥泉発電所で最大出力87,000kwの水力発電を行っている。 右岸から堤体を撮影。 奥泉ダムは非常用洪水吐として3門のラジアルゲートを備えている。 奥泉ダムは大井川鐵道井川線から見ることができる。 井川線は大井川電力が奥泉ダム建設の資材輸…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

大井川ダム

大井川水系大井川に作られた中部電力所有の発電専用ダム。 洪水吐としてローリングゲートを採用している珍しいダムである。 下流の大井川発電所で最大出力68,200kwの水力発電を行っている。 下流から堤体を撮影。 大井川ダムはローリングゲートを3門備えている。 ゲートの構成は、 幅18.182m×高さ7.56…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

大間ダム

大井川水系寸又川・大間川の合流地点に作られた中部電力所有の発電専用ダム。 下流の大間発電所で最大出力16,500kwの水力発電を行っている。 ダム湖に架かる夢の吊橋は寸又峡の代表的な観光名所である。 夢の吊橋から堤体を撮影。 大間ダムは非常用洪水吐として4門のラジアルゲートを備えている。 右岸側に大…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

佐久間ダム その3

佐久間ダムのケーブルクレーン跡地に建てられた「さくま電力館」を紹介。 電源開発株式会社が昭和52年に建てた施設で、ダムと発電について学ぶことが出来る。 さくま電力館の外観。 開館して30年近い歴史があるが、平成7年にリニューアルしているため古さは感じられない。 1F、オリエンテーションコーナーにある「でんぱつ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

佐久間ダム その2

非常用洪水吐から放流中の佐久間ダムを紹介。 台風通過による増水で放流中の佐久間ダム。 堤高が100mを超えるハイダムの放流は迫力である。 佐久間電力館の展望台から堤体を撮影。 天端道路は補修工事を行っていた。 下流の様子。 放流により副ダムが見えない。 佐久間ダムのダム湖…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

笹間川ダム

大井川水系笹間川に作られた中部電力所有の発電専用ダム。 下流の川口発電所で最大出力58,000kwの水力発電を行っている。 右岸下流から堤体を撮影。 笹間川ダムは非常用洪水吐として2門のラジアルゲートを備えている。 確認できなかったが排砂用のローラゲートも2門備えている。 天端の様子。 右側のゲー…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

佐久間ダム その1

戦後土木技術の原点とも言われる大規模重力式コンクリートダム。 堤高は竣工当時、日本一の高さを誇る155.5mで現在でも既設ダムでは6位の高さを誇る。 日本初の本格的な大型機械化施工により10年かかっても不可能といわれた工事がわずか 3年4ヶ月で完成した。 発電を目的としているが佐久間導水路を使って豊川水系に分水しており、大野頭首…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

秋葉ダム

天竜川下流にある多目的ダム。 佐久間ダムと同時期に築堤されたダムで、佐久間ダムで発電に利用した放水を秋葉ダムで 再び貯水して発電に利用する逆調整池の役割を持つ。 当初は発電を目的としていたが遠州地域の水需要に従い上水道用水(浜松市上水道用水)、 工業用水(西遠工業用水)、灌漑用水(三方原用水)の用途が追加された。 秋葉ダムの湖…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

船明ダム

天竜川最下流にある多目的ダム。 当初は発電を目的としていたが、遠州地域の水需要に従い上水道用水(遠州広域水道用水)、 工業用水(中遠工業用水)、灌漑用水(天竜川下流用水)の用途が追加された。 左岸下流から堤体を撮影。 ゲートの大きさは純径間20.0m×扉高15.3mである。 9門のローラゲートにより…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more